化粧品会社で働いていた私がおすすめする20代乾燥肌向けオーガニック基礎化粧品

美容




20代女性のみなさん、基礎化粧品はどんなアイテムを使っていますか?

私は化粧品会社で働いていたので、肌・成分・化粧品について知識があり、それぞれの肌に合った化粧品を知っています。

ですので、自分にピッタリの商品使うことができているのです。

しかし、自分の肌の特徴(乾燥肌・脂性肌・混合肌どれに属するのか)は知っていても、どの化粧品が自分に合っているのかを見つけるのは、なかなか難しいですよね。

なぜなら、化粧品が溢れすぎているから!

この数の中から、自分に合ったアイテムを探すのは難しすぎます。

そこで、化粧品会社で得た知識を元に厳選した、乾燥肌用の基礎化粧品をご紹介します。

 

なぜ乾燥肌用の化粧品を紹介するのか

もちろん、脂性肌の方におすすめの化粧品もあります。

ですが、私自身すごく乾燥肌で、乾燥肌に合う化粧品については、自信を持ってご紹介できるからです。

ちなみに私の肌の特徴は、

  • 乾燥肌(年々乾燥が進んでいる気がする…見た目でもパサパサしているのが分かるくらいひどいです。)
  • 乾燥が原因のニキビがよくできる
  • メイクをすると乾燥でTゾーンがテカる(頬のあたりは乾燥のし過ぎでテカることはありません。)
  • 鼻から頬にかけての毛穴が少し目立つ
  • ホルモンバランスが崩れがち(生理前は必ず顎ニキビができます…。)
  • 刺激が強い化粧品は合わない

大きな特徴としては以上です。

典型的な乾燥肌ですね。

乾燥肌でお悩みの方には、今回ご紹介する化粧品が合いやすいと思います!

また、オーガニック・ナチュラルコスメを主に使用しているので、

  • しっかり自分の肌と向き合いたい
  • 自分の肌に合うものを長く使い続けたい

という方におすすめのアイテムです。

 

まず始めに、紹介する全商品をご紹介します。

【時々使うのにおすすめのアイテム】

  1. オイル「john masters organics ポメグレネートナリッシングオイル
  2. クレイペースト「ARGITAL グリーンクレイペースト
  3. 化粧水「THAYERS ウィッチヘーゼル ラベンダー

では、それぞれのおすすめポイントを紹介していきます。

 

しっかり落としたいけど必要な油分までは落としすぎない!おすすめのクレンジング

Sinn Purete(シンピュルテ) ピュアクレンジングクリア

私はこれを2年くらいずっと使っています。

一言で表すと、「いいとこ取りなクレンジング」なのです!

 

まず、クレンジングって様々なタイプがありますよね。

オイル・ミルク・ジェル等。

「オイルはメイク馴染みが1番良いけど、必要な油分まで落としてしまう…」

「ミルクは保湿力高いけど、しっかり落ちた感じがしない…」

と、それぞれメリット・デメリットがあり、正直どれを選べばいいかよく分かりません!

しかし、このクレンジングは使っているうちにジェル→オイル→ミルクと形状が変化するので、それぞれのメリットだけを取ったいいとこ取りな商品なのです。

その仕組みを簡単に説明します。

  1. 〈ジェル〉肌に摩擦を与えないので優しくメイクを浮かせます。
  2. 〈オイル〉なじませていくと、メイク汚れ(油分)を1番落とすオイルに変化します。
  3. (ジェルがオイルにしっかり変わったら、メイクが馴染んで落ちた証拠なのでぬるま湯で洗います)
  4. 〈ミルク〉ぬるま湯をかけるとオイルが白く濁り(乳化)、保湿力が一番高いミルクと同じ状態になります。

つまり、肌に優しく、メイク汚れをしっかり落としてくれるという優れもの!

このクレンジングに出会う前はオイルタイプを使っていたのですが、洗い流した後のつっぱり感が気になっていました。

でも、このクレンジングは、つっぱりが全くないのにスッキリするという点でもお気に入り!

さらに、ダブル洗顔不要なのも嬉しいポイントです。

ちなみに、120gと230gがありますが、230gの方が値段的に断然お得です。

酵素の力で毛穴の汚れを落とし、肌のトーンを明るくしてくれる洗顔料

洗顔料は、クレンジングの洗い残しや古い角質などを洗い流す役割を担っています。

プチプラで済ませたいところですが、意外と重要なステップなので、洗った後のつっぱりが少ないものを使用しています。

私のおすすめは『いつかの石けん』です!

酵素の働きで、クレンジングだけでは落としきれなかった毛穴の汚れを落としてくれる石鹸。

毛穴の黒ずみ・たるみが気になる方にもおすすめです!

さらに、肌に必要な油分・水分は残してくれるので、洗い上がり後のつっぱりもありません!

シミにも良く、洗顔後は肌のトーンが明るくなります。

ぜひ一度使用してみて下さい!

 

そしてもう1つ好きなのが、『どろ豆乳石鹸どろあわわ

有名な泥豆乳石鹸です。

泥だと油分取り過ぎちゃうのかなと思っていたのですが、そんなこともなくスッキリな仕上がりで私は好きです。

くすみも取れている感じがするので、メイクのりが悪いときなんかはすごくおすすめです。

 

しっとりもっちり仕上がる!オーガニック化粧水

乾燥肌対策として、化粧水は欠かせません!

しかし、これまで出会ってきた化粧水は『乾燥肌用』と書かれていても水っぽいものばかりでした。

また、母世代が使っているような、とろりとした化粧水はベタベタしすぎるし、個人的にあまり好きではありません。

そんな私が使っている化粧水がこちら。

Sinn Purete ローションヴィザージュAGコンセントレイト

先程のクレンジングと同じブランドです。

この化粧水は、植物の力だけとは思えない保湿力があります。

また、ザクロオイルなど女性に嬉しい成分が入っているので、ホルモンバランスも整えてくれるのです。

さらに、ザクロオイルは皮脂の役割をし、化粧水の水分を肌の奥の方まで届けてくれるので、インナードライまで防いでくれます。

インナードライ肌とは、肌表面は皮脂でテカテカなのに、お肌の水分量が少なく、お肌の内側が乾いている状態のお肌の事。

引用:インナードライ肌の原因と8つの対策&改善法 | オーガニック化粧品のピュアノーブル

つまり、私の肌の特徴でもあげた、乾燥肌なのにTゾーンがテカってしまう状態のことです。

もちろんしっとりもっちり肌にはなりますが、ベタつきが少ない化粧水です!

乾燥対策もできてベタつきが少ない化粧水はなかなかないので、1年くらい使い続けています。

乾燥がひどくなる冬も、もちろんおすすめです!

 

肌のバランスを整えて、肌荒れを防ぐ!とろ~り美容液

「美容液は+αで使用するアイテムだから普段使いしなくても良い」と思っていませんか?

もちろん美容液によっては時々使用すれば良いものもありますが、この美容液は私のように『乾燥で肌が荒れてしまう』という人にはぜひ使ってほしい商品です。

Sinn Purete AGコンセントレイトセラム

こちらもクレンジング・化粧水と同じブランドです。

私は、基礎化粧品はライン(同じブランドの同じシリーズで揃える)で使うのが好きです。

もちろんラインで使わなくても良いのですが、開発者の方々は同じシリーズで使うことを考えて開発しているので、相性が悪いわけ無いからです。

もし、何を使っていいか分からない方は、クレンジング・洗顔料・化粧水のどれかで1番肌に合うアイテムを探し、そのシリーズで揃えたら、失敗は少ないと思います。

しかし、この美容液をおすすめする理由は同じシリーズだからという点だけではありません。

この美容液は、すごくとろ〜っとしているので、お肌のハリを内側から引き出してくれます。

(見づらいですが、スポイトから垂らすとこのようにとろ〜っとしています。)

さらに、先程ご紹介した化粧水の保湿成分と同じものが入っているので、保湿力も抜群です。

夏場のあまり乾燥が気にならない時期は、この美容液の後にクリームや乳液は塗らなくてもOK。

さらに、顔に常にいる菌(常在菌)のバランスを整えてくれる成分も入っています。

常在菌のバランスが崩れると肌荒れの原因になりますが、それを整えてくれるので、小さい白ニキビであればすぐ治りました!

赤く炎症してしまっているニキビまで行くと数日かかりましたが、小さいニキビがすぐに治るのは本当に嬉しいです!

少しお値段は高めですが、1度の使用量が約2滴で良いので、1ヶ月半〜2ヶ月もち、コスパはそこまで悪くありません。

朝まで保湿力最強!おすすめクリーム

乾燥肌だと、最後のステップであるクリームは水分をしっかり閉じ込めてくれるものを使いたいですよね。

私は、夏と冬で違う商品を使っています。

夏にオススメのクリーム

ARGITAL(アルジタル) ブライトモイスチャライジング カモミールクリーム

アルジタルのクリームでよく聞くのが『エキナセアクリーム』だと思います。

エキナセアクリームも肌荒れやニキビに良いという口コミがありますが、脂性肌タイプのニキビに合うので、乾燥肌だと逆にニキビが大量にできることもあります。

(私の場合、エキナセアクリームを使って2,3日でニキビがたくさんできました…)

私は、カモミールクリームの香りが好きで使っているということもありますが、乾燥肌で肌荒れしやすい方には本当におすすめです。

軟膏のような塗り心地なのですが、しっかり保湿をし、ベタつきが少ないのが特徴で、寝苦しい夏にぜひ使ってみて欲しいクリーム。

ただ、私には冬だと少し保湿力が物足りなかったです。

試しに使ってみたい方は、どちらのクリームもミニサイズがあるので、それで試してみてください。

 

冬におすすめのクリーム

MARTINA(マルティナ) ローズクリーム

アボカド油がたっぷり入ったクリームは、次の日の朝までしっとり保湿してくれます。

冬の朝にありがちな「クリームが乾いてパサパサしている…」という現象が、私の超乾燥肌でも起きませんでした。

そのかわり、塗ったときはテカテカします。

香りは優しいダマスクローズで毎晩癒やされるので、疲れた日に使うのもおすすめ。

先程のカモミールクリームよりは重めでオイル感たっぷりですが、薄く塗ればメイク前にも使えました。

こちらもミニサイズがあるので、お試ししたい方はこちらから使ってみてください。

 

その他オススメアイテム!時々使うと良い商品を紹介

『john masters organics(ジョンマスターオーガニック)ポメグレネートナリッシングオイル』

これは、全身に使えるオイルですが、顔メインで使うのがおすすめ。

洗顔後、化粧水の前に1〜2滴顔にのばします。

少量のオイルが導入剤となって、お肌の奥の方まで化粧水の水分を届けてくれるお助けアイテムです。

少量であれば、化粧水を弾いてしまうことはないので安心してください。

クリーム後さらに2〜3滴塗り、水分が逃げないよう使用するのも良いので、乾燥が特に気になる日にやってみると効果を実感できると思います。

ザクロのオイルなので、ご紹介したザクロオイルが入っている化粧水(シンピュルテ ローションヴィザージュAGコンセントレイト)とも相性が良いですよ。

 

『ARGITAL グリーンクレイペースト』

私は、鼻から頬にかけての毛穴が少し気になるので、2〜3週間に1回、このクレイペーストで毛穴の黒ずみケアをしています。

クレイパックは「さっぱりしすぎて乾燥しそう」という不安もあると思いますが、この商品の仕上がりは、スッキリするものの、つっぱり・パサパサ感はありません

毎日使うと少し乾燥することもありますが、使用頻度に気をつければ問題ないと思います。

むしろ、くすみを取り除いてくれるので、その後つける基礎化粧品の浸透がよくなった印象です。

こちらもミニサイズから初めてみてください。

 

『THAYERS(セイヤーズ)ウィッチヘーゼル ラベンダー』

コスパ抜群の化粧水です。

大容量(355ml)で、刺激が少なく、正規品でも約2000円という安すぎる価格なので、全身にも使えるのが嬉しいポイント。

少し、外国っぽいラベンダーの香りがします。

これだけだと保湿力が足りないので、導入化粧水として、冬に使っていました。

お風呂上がり、全身にバーっとかけるのも気持ちがいいですよ。

 

まとめ

最後に、今回ご紹介したアイテムをまとめます。

【毎日使う基礎化粧品】

※なるべく正規品の購入をおすすめします。

 

20代だからこそ将来のお肌の土台を作ることができます。

今は効果がすぐに出なくても、将来必ず周りと差が出るので、今のうちからスキンケアにこだわりを持つことが大切です。

自分の肌に合った化粧品を探して日々のスキンケアを楽しみましょう!