『介護業界で働く理学療法士のブログ』のロゴができるまで

デザイン




介護業界で働く理学療法士のブログ』を運営している阿部さんから、依頼を受けロゴとヘッダーを制作させていただきました。

今回は、ロゴができるまでの制作過程を書いていこうと思います。

 

依頼内容(ヒアリング)

私は、どんなデザイン制作でもヒアリングをとても大切にしています。

ここでのズレが大きいと、お互いのイメージが合わなくなっていってしまい、後々トラブルに繋がりやすいからです。

また、ヒアリングをしっかり行うことで、修正回数も少なくできるというメリットもあります。

 

  1. 作る目的(どういうイメージを受けるロゴにしたいか)
    介護業界ってあったかいだけじゃなく、かっこいい!
  2. ターゲット(読者層など)
    医療介護業界で働く30代前半の管理職、管理者になりたい男性

  3. メインカラー
    青系・黒系?
    クールなイメージで。
  4. 要素・素材(ロゴにしたい文字・入れたい要素・素材など)
    「介護業界で働く理学療法士のブログ」という文字に、おしゃれなピクトグラムが入るイメージ
  5. その他ご希望(参考デザインや希望納期あれば)
    特になし

上記ヒアリング内容以外に、

  • 今までの介護業界は、カラーは暖色系で丸みのあるあたたかい感じのデザインが多い
    →いわゆる介護っぽいものではなく、介護はかっこいい・おしゃれだと感じてもらえるデザインが希望。
  • 「かっこいい介護(新時代の介護)をシンプルなデザインで」というイメージ。
  • Apple×介護という感じにしたい。
  • 参考サイト:車椅子のサイト

というご希望をお聞きし、その後オンライン通話で、ヒアリング内容の深掘りを行いました。

【深掘り内容】

  • なぜ、介護業界のイメージを「かっこいい」に変えたいのか?
    ⇒これまで、介護業界にはキレイなイメージがなかった→実は面白い・これまでとは違う働き方ができるということを伝えていきたいから。
  • 管理職の具体的な仕事内容は?
    人をまとめる/情報収集・発信したものを部下に伝える

以上のヒアリングを行い、デザイン制作に入りました。

 

イメージのスケッチ

ヒアリング内容をもとに、デザインイメージのスケッチを行います。

まず、『介護』から連想される要素を書き出していき、それにヒアリングのイメージを合わせて、思い浮かぶデザインをひたすらスケッチしていきました。

スケッチをしたら、その中でロゴにできそうなモノをIllustratorでデザインにしていきます。

 

シンボルマーク

マークを作るに当たって、特に『介護』というイメージを一新できるようなデザインにすることを心がけました。

【心がけたこと】

  • 介護業界のロゴを検索し、それらとは差別化ができるようにした。
    ⇒緑・ピンク・オレンジなどの優しい色を使用しているロゴが多い
    ⇒ハート・人・➕マークをシンボルに使用しているロゴが多い
  • 差別化をしつつも、『介護』というイメージからはかけ離れないように注意した。

以上のことを気をつけながらデザインしてできたシンボルがこちら。

シンボルマークにした『Kaigo』『Management』『Rehabilitation』は、ヘッダーのデザインに入れる予定だった文字です。

その頭文字からシンボルマークにして、『介護』からよく連想されるマークではないデザインにしました。

また、色はグラデーションを使用して、「イメージを変えていきたい」という想いを表現しました。

 

ロゴタイプ

ロゴの文字の部分は、シンプルなフォントを選びました。

さらに、元のフォントから、出っ張っている部分をなくすことで、よりスッキリとした印象の文字になるようにしました。

 

ロゴ完成

①のシンボルマークとロゴタイプを組み合わせて完成したロゴがこちら。

背景はグレーを使用し、ブログ読者層を考え、シンプルで洗練された印象を受けるデザインにしました。

「これまでの『介護』の印象を変えたい」という阿部さんの想いをデザインすることができ、とても嬉しいです。

ご依頼ありがとうございました。

 

 

その他、ヘッダー・バナー広告・名刺・チラシなども制作しています。

デザイン制作のご依頼は、↓からお願いします。

デザイン制作依頼はこちらから